BLOG
ブログ
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 広報カフェ⑮【広報担当者の資質】

広報カフェ⑮【広報担当者の資質】

テーマは広報担当者の資質について☕

今日のテーマは語るのがかなり難しい。

なぜ難しいかというと、
広報担当者の資質がなくても、
その人の努力次第で、能力を上げることができるものだから、
ぶっちゃけ資質はないんでは?というのが私の持論だからです。

広報担当者の資質とは

1、文章力

2、コミュニケーション力

3、情報収集力

この3つに絞られるのではないでしょうか?

1、文章力
メディアへのリリースを書く、という観点からすると、
うまさ、人を動かすアイデアを言葉に表現できる、というよりは、
要点を整理し、伝える言葉でわかりやすく書けるかが最重要事項。

ただ広報の仕事には、会社やカタログ制作が入ってくる場合も。

商品・サービスを分かりやすく伝える表現力、
人を動かす説得力をつくるための文章の流れを学ぶ必要があります。

このいずれも、コツをつかむのが容易い人、
そうでない人はあると思いますが、
訓練で能力を高めることができます。

2、コミュニケーション力
もしかしたら、これこそ資質でしょう?
と思う方もいるかもしれません。

でも、雑談が続かない…、大人数だと緊張する、だから人との関わりは苦手…
こういうタイプが必ずしもコミュニケーション能力が低いわけではないと思うのです。

相手のことを考えられる力。

例えば、
『自分の価値観と相手の価値観は違い、自分が正しいと思うことが相手にとって正しいとは限らない』

がわかっていて、
客観視できる目をもっていれば、いくらでも鍛えることのできる能力です。

3、情報収集力
今はご存知のとおりネット社会。情報があふれています。
フェイクニュースが問題になっているように、嘘か本当かはっきりしないものもあります。
テクニックとしては、自分の気になることや、専門分野(他社競合にかかわることなども含)については
最新情報をつかむために、RSSリーダーやGooleアラートにキーワードを登録しておく、というのもありますが、
特にテーマや目的がある場合、ただ集めるだけでなくて、
情報を自分のものにすること、別の理論と合わせて検証して深堀することが大切だと思います。

皆さまはどう思いますか?

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

カテゴリー

アーカイブ